抑えておくべき金沢の居酒屋6選!地元民リピート率の高さが信頼度を物語る!

1級フードアナリスト雅珠香(あすか)

金沢を中心に年間約600軒食べ歩くフードライター、通称あすかりん。
日本フードアナリスト協会認定1級フードアナリスト、SSI認定利き酒師、食の親善大使「食のなでしこ2013」、スーパースイーツ調理専門学校特別講師
著書に「あすかりんの新おいしい金沢100店」、「あすかりんのおいしい金沢」、「あすかりんのおいしい能登めぐり」がある。
北國新聞・富山新聞朝刊「あすかりんのとびきりディナー」(毎週月曜)

金沢に来たら、地物鮮魚に郷土料理、加賀野菜は外せませんね。

しかも手頃価格で食べたーい!という、そんな願いを叶えてくれるのが、地元に根付いた居酒屋です。

市内にはたくさんのお店がありますが、選ぶポイントは、「地元民のリピート率の高さ」ではないでしょうか。

なぜならば金沢は、家庭でも朝どれ鮮魚や新鮮な野菜、おいしいお米が日頃から食べられますから、それ以上のクオリティーが飲食店に求められるというわけです。

そして、そんな地元民が通うお店こそ、信頼度の高さの表れと言えます。

※各店舗の詳細は、店名もしくは写真をクリックするとご覧頂けます。



「いたる本店」


金沢を代表する最高峰の居酒屋と言えばここ! お料理はもう全部オススメ!と言っちゃってもいい。地酒や質にこだわった地物鮮魚をはじめ、五郎島金時や金時草などの加賀野菜メニューもありますよ。お造りは木桶盛りでドーン!がいたる流。日本酒は天狗舞の蔵チョクの酒「蔵出しミニタンク」があり。フレッシュな飲み口は格別ですよ。




「のど黒めし本舗いたる」


いたるが展開するのど黒専門店。メインはのど黒めしですが、のど黒出汁巻き玉子やのど黒の骨せんべいなどもおいしいですよ。

のど黒めしは、のど黒をご飯に並べて炙ってあるので、炙って滲み出した脂がご飯に絡むのも美味。塩で引き立てられたのど黒の甘さが、炙りの香ばしさに合わさって口の中に広がります。ひつまぶし方式に3段階でおいしい。




「味処高崎」


地物鮮魚から郷土料理、ふぐの卵巣ぬか漬けや甘海老の塩辛などの珍味、加賀野菜まで、リアルな金沢に舌鼓できるお店。地酒もかなりの取り揃えですよ。さらに加能ガニのシーズン中は、加能ガニを水槽で持っているお店とあって予約が殺到。一杯単位で注文し、お刺身と焼きガニ、もしくはお刺身とお味噌汁にしてくれます。




「くろ屋」


駅前エリアの間違いない居酒屋!日航ホテル近隣で、駅から徒歩でアクセスできますよ。

地物鮮魚のお刺身のレベルが高く、駅近隣で金沢のおいしいを堪能するにはうってつけの一店。「五郎島金時のカリカリ揚げ」や「能登牛と加賀野菜のビーフシチュー」などもお見逃しなく。厨房の臨場感が感じられる一階のカウンター席を狙ってくださいね。




「五郎八」


いつ来ても活きのいい金沢を味わえる頼もしいお店。地酒の取り揃えもしっかりしており、飲み比べも楽しいですよ。鮮魚のお造りを注文してまずは一杯。さらに、白子の石焼きや、オリジナルのおつまみ「ブリ旨か味噌」といったお酒が進むメニューも豊富。金時草のおひたしや生麩揚げ出しもお忘れなく。春先は「いさざ踊り食い」もできます。




「わ食道はす家」


メニューはその日のオススメや定番などいろいろあるのですが、中でも「金沢うまい地セット」はイチオシ! のど黒、治部煮、はす蒸しという「金沢に来たらコレ!」の3点セットが抑えられるのは嬉しい。しかも2380円です。



どうでしょうか。この中から選べば、思い出に残るおいしいに出会えるはずです。

今日もお腹いっぱい!あすかりんでした。



■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■

金沢旅行をプランするなら、観光情報サイト『たびレシピ』をチェック!

現地のホテルコンシェルジュやグルメライターなど、金沢在住地元プロのおすすめルート、

イチオシグルメ、交通アドバイスなど情報多数!

北陸新幹線で旬な金沢へ。

さあ旅にでかけよう!

0コメント

  • 1000 / 1000