金沢に最もおいしい季節到来!3000円で大満足のすし店ベスト5

1級フードアナリスト雅珠香(あすか)

金沢を中心に年間約600軒食べ歩くフードライター、通称あすかりん。
日本フードアナリスト協会認定1級フードアナリスト、SSI認定利き酒師、食の親善大使「食のなでしこ2013」、スーパースイーツ調理専門学校特別講師
著書に「あすかりんの新おいしい金沢100店」、「あすかりんのおいしい金沢」、「あすかりんのおいしい能登めぐり」がある。
北國新聞・富山新聞朝刊「あすかりんのとびきりディナー」(毎週月曜)

金沢に来たら、絶対に食べておきたいのが新鮮でおいしい海の幸ですね。

特に冬は、寒さに比例しておいしい季節を迎え、カニ、ブリ、牡蠣と、さまざまな食材が一挙に旬を迎えます。

それをおいしく味わう地元民のオススメの方法は、海鮮丼よりも握りずしなんです。

しかしながら、東京よりも価格は手頃といっても、高級なすし店はそこそこするもの。

そこで今回は、安くてうまい!3000円で大満足のすし店をご紹介します。

(※各店舗の詳細は、店名・写真をクリックするとご覧頂けます。)

 

ちなみに石川県は「回転寿司機器の製造 No.1」で、回転寿司コンベアは、全国シェアのほぼ全てを石川県のメーカーが製造しています。

さらに、石川県民の「寿司における外食 支出額」はなんと日本一!

価格は首都圏に比べて高くないはずですから、きっと回数が多いんでしょうね。

回転寿司がおいしいというのも影響しているはずです。





まずは回転寿司から。

「金沢まいもん寿司 金沢駅西本店」


金沢の回転寿司の代名詞的存在。

本店はちょっと郊外ですが、金沢の回転寿司のレベルの高さに驚くはずです。

ネタは、地ものが豊富。金沢港や蛸島、七尾や宇出津から、朝どれ鮮魚が直送されます。

店内は活気ムンムン。積極的に板さんに声をかけて、お目当てをその場で作ってもらうのがいいでしょう。冬は寒ブリが狙い目です。あら汁もお忘れなく!




「かいてん寿し 大倉」

近江町市場内に海鮮系のお店は何軒もありますが、ここが一番好きという地元ファン多し。

大将自らが目利きしたものを提供しており、魚はレベル高。

店内は厨房を囲むようにコの字型にカウンター20席ほどあり、回転寿司のレーンを巡らせてありますが、口頭注文が基本。昼時は特に混み合っているので、時間を外して訪れるのが狙い目です。

海老3種盛り、貝3種盛り、軍艦3種盛りなど、お得な3種盛りも必見です。



「大國鮨」

近江町市場を出てすぐのところにある、カウンター10席のみのすし店です。

同店では上生菓子を出すときに使われる漆塗りの器に握りを2貫ずつのせて提供するので、目の前には一枚また一枚と器が積み上がっていきます。

メニューは2種類のコースのみで、11貫2000円の「竹」と13貫3000円の「梅」があります。「梅」は、のど黒や梅貝、トロなども含まれ、終盤のカニ手巻きを併せて13貫という、ちょっと豪華な内容なので、こちらがオススメですよ。




「葵寿し」

金沢駅近隣エリアにあるすし割烹で、加賀料理の「蓮蒸し」やのど黒の塩焼きなど、郷土料理や旬の地物までしっかり準備されているのが観光客にも喜ばれています。

おすしのセットも手頃で、「地物にぎり」は9貫で3000円。「百万石の鮨」は10貫で3500円で、のど黒握りも含まれますよ。

ちなみに醤油は、金沢市大野のオリジナル醤油を使用。塩は揚げ浜式製法の珠洲の天然塩。さらに、すし飯は「いやさか米」というコシヒカリと、こだわりたっぷり。


 

「鮨歴々 近江町店」

金沢を代表するすし店の一つ“鮨 みつ川”さんの姉妹店として、近江町市場内にオープンしたお店。

特徴的なのは、職人さんがローテーションでみつ川に修業に入っていることです。別格を食べたければやはり本店ですが、価格が半分以下でみつ川仕込みのすしが食べられるのですから、2000円以下のセットもあり、特にコスパは魅力的と言えます。

市場内は海鮮丼に列がついているお店が多いですが、ここは手頃なのに高級感があって、ゆっくり食事ができますよ。



手頃でおいしいすし店5軒をご紹介しましたが、必ず食べてほしいネタは「ガスエビ」と「のどぐろ」です。

ガスエビは、足が早くて首都圏に出回らないエビで、甘海老よりも甘いと地元ではこちらに票が集まっています。忘れずに味わってくださいね。

そして、今や金沢グルメの代名詞的存在になったのどぐろは、炙りが施してあると脂がにじみ出て美味です!

ぜひ味わってください。



■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■


金沢旅行をプランするなら、観光情報サイト『たびレシピ』をチェック!

現地のホテルコンシェルジュやグルメライターなど、金沢在住地元プロのおすすめルート、

イチオシグルメ、交通アドバイスなど情報多数!

北陸新幹線で旬な金沢へ。

さぁ旅にでかけよう!

たびレシピ EDITORS’ PICKs

たびレシピで、旅先の発見から旅ルートの計画、最適な宿を最安値で予約可能に!

0コメント

  • 1000 / 1000