外国人と行きたい東京観光!絶対に喜ばれる おすすめルート5選

matsu

たびレシピ編集部女性スタッフ
総合旅行業務取扱管理者/温泉ソムリエ 資格保有

2020年の東京オリンピック決定後、さらに熱が高まる“インバウンド”の動き。訪日外国人の数も増え、外国人と一緒に東京観光!という機会がある方も多いのではないでしょうか。

浅草、築地、銀座、新宿…。いま、外国人誘致に燃える東京を、日々リサーチしている編集部だからこそオススメする、外国人と一緒にまわりたい東京観光ルートをご紹介します!

※ルートのタイトル、もしくは写真をクリックすると、「たびレシピ」にてルートの詳細を見ることができます。



1. 築地発!『まぐろのセリ見学』と『大和寿司』での寿司朝食を堪能!歌舞伎座までの築地周辺を満喫する半日!

築地から銀座を巡る半日コースをご紹介します。

なぜ!?というくらい外国人が集まる築地市場の「マグロのせり見学」は、海外の方を案内するならはずせない観光スポットのひとつ。深夜3:00から、世界各国の人が集まります。

せり見学の後は、行列必至の人気寿司店「大和寿司」で寿司朝食、さらに、日本人独特の人情と活気が溢れる築地市場の散策を楽しんだ後は、銀座の「歌舞伎座」へ。同建物内の「歌舞伎座ギャラリー」は編集部のイチオシ。歌舞伎の世界感を体験できる、外国人にオススメの意外と知られていない穴場観光スポットです。英語の案内も用意されているので、歌舞伎について上手く説明できないかも…という方も安心です! 同フロアにある写真館「スタジオアリス」では、歌舞伎座ならではの衣装を着て気軽に写真撮影ができるので、外国の方の思い出作りにぴったり!。

早朝から東京を満喫する外国人おもてなしプランです。



2.「浅草」の定番散策ルートをご紹介!初めての浅草でも楽しく散策できる2時間半ツアー!

東京観光の定番“浅草”を巡る半日ルートをご紹介。

「浅草寺」「仲見世通り」をメインに、浅草情緒を色濃く残す「花やしき通り」「六区ブロードウェイ」「六区通り」「伝法院通り」など、浅草の名ストリートの数々を、見どころとともに散策します。

浅草リサーチに何度も足を運ぶ、編集部がイチオシの浅草絶景スポットもご紹介。東京のランドマーク「東京スカイツリー」の全景を眺められる穴場スポットもご案内します。カメラをお忘れなく!

今回のルートには含まれていませんが、浅草には、外国の方が愛してやまない“マグロ”の名店があります。浅草に2店舗かまえる「まぐろ人」は、店名通り“まぐろ”に定評があり、誰もが納得!な美味しいマグロに出会えます。編集部オススメの“まぐろ三貫盛り”をぜひ!



3.「東京都庁展望室」「ロボットレストラン」「侍ミュージアム」、新宿のエンタテイメントを満喫する4時間ツアー!

東京観光の拠点となるホテルも多く、外国の方に人気のエリア「新宿」。夕方、「東京都庁」をスタートし、日本一のナイトタウン「歌舞伎町エリア」を満喫するルートです。

様々な表情を持つ新宿を、外国人とともに楽しめる数時間をご紹介します。

東京都庁は、「富士山」「東京タワー」「スカイツリー」などを一望できる展望台が人気ですが、その外観も、東京を代表する建築物として有名です。展望台から眺める夕日の美しさは万国共通。東京ならではの景色とともにお楽しみください!

日没後は歌舞伎町へ。“外国人を案内したい場所”として編集部がイチオシする「サムライミュージアム」と、外国人に絶大な人気を誇る「ロボットレストラン」で日本の新旧の文化を体感します。歌舞伎町エリアからすぐ、「新宿ゴールデン街」も、外国人観光客が喜ぶ東京ならではの街並みのひとつですね!



4.スカイツリーと渋谷 「グルメ」「絶景」「ショッピング」で満喫する1泊2日の東京トリップ

東京観光ではずせないスポット「東京スカイツリー」と人気エリア「渋谷」を満喫する1泊2日のプランです。

東京スカイツリーに併設されるショッピングエリア「ソラマチ」は、日本が誇る伝統文化を発信するショップが充実し、外国人も日本人も、色々な発見のある場所。そんなソラマチの中で、編集部が特にオススメするショップもご案内するスカイツリープランです。「富士山」「東京タワー」「新宿高層ビル街」など、展望台から眺める東京ならではの景色と、その夜景を一望できる「スカイレストラン634」でのお食事は、東京観光の忘れられない思い出になることまちがいありません!

2日目は、東京カルチャーに触れながら、1日たっぷり東京のお土産探しを楽しんで頂きます。ランチとディナーには、渋谷で外国人の人気を集める「ラーメン」と「寿司」のお店をご案内。“東京の今”を知りたい外国人観光客にオススメの東京観光ルートです。



5.「皇居」の見どころをめぐる3時間散策ルート

外国の方と東京観光する際に、ぜひ訪れて頂きたい観光スポットのひとつ「皇居」。無料で自由散策できる外苑エリアを中心に、数時間で皇居を満喫できる散策ルートを、編集部がオススメする7つの見どころとともにご紹介します。

高層ビルが立ち並ぶ東京のど真ん中に、石垣に囲まれた広大な緑と、江戸城の面影を残す歴史ある建物の数々。「皇居」は、写真撮影スポットも多く、外国人の心をつかむことまちがいありません。

事前のオンライン申し込みで、通常は見ることのできない、さらに奥深い皇居の歴史や見どころをガイド付きで見学できる「皇居一般参観」に参加することもできます!(平日1日2回実施。詳細は、スポット検索「皇居 (一般参観)」をご覧ください。)


古きも新しきも、外国人を虜にする魅力が詰まった街、東京観光へ。

さあ、旅にでかけよう!


たびレシピ EDITORS’ PICKs

たびレシピで、旅先の発見から旅ルートの計画、最適な宿を最安値で予約可能に!

0コメント

  • 1000 / 1000