1級フードアナリスト雅珠香(あすか)

金沢を中心に年間約600軒食べ歩くフードライター、通称あすかりん。
日本フードアナリスト協会認定1級フードアナリスト、SSI認定利き酒師、食の親善大使「食のなでしこ2013」、スーパースイーツ調理専門学校特別講師
著書に「あすかりんの新おいしい金沢100店」、「あすかりんのおいしい金沢」、「あすかりんのおいしい能登めぐり」がある。
北國新聞・富山新聞朝刊「あすかりんのとびきりディナー」(毎週月曜)

記事一覧(9)

魚に飽きたらここに行け!金沢とっておき焼肉店7選!金沢駅から繁華街まで徒歩圏内のオススメ

金沢に来たら、すしに海鮮丼、和食におでんと、魚料理が中心になってしまうのですが、それに飽きてもまだまだとっておきがあります。実は、石川県は人口当たりの焼肉店の数が堂々の第1位なんです。おいしいお魚は自宅でも食べられるためでしょうか、実は外食では焼肉が好きなんですね。そのため、いいお店が揃っていますよ。注目したいのは石川県のブランド牛「能登牛」です。能登牛は稀少な牛で、他のブランド牛が5000頭や1万頭といった出荷数があるのに比べ、約600頭(平成23年度)しか出荷されていません。そのため県外への流通は少なく、専門店も県内にごくわずかです。能登牛が注目を集めている理由に、オレイン酸の含有量が挙げられます。牛肉の柔らかさは、脂肪酸中のオレイン酸が鍵と言われており、含有量が多いほどとろけるような食感になります。能登牛は和牛のオリンピックと呼ばれる「第9回全国和牛能力共進会」で、脂肪に含まれるオレイン酸の含有量が最も高かったため、「脂肪の質賞」を受賞しました。能登牛が食べられるお店を目指して行けば、旅がさらに充実すること間違いないでしょう。ここでは、金沢駅から繁華街までの中心部で、徒歩でもアクセスできる焼肉店をご紹介します。※各店舗の詳細は、店名もしくは写真をクリックするとご覧頂けます。「銘酒と焼肉 京澤」